Halderman pdfによる自動車用シャーシシステムのダウンロード

日立評論2004.5 49 安全走行支援システムを支える自動車運動制御技術 Vol.86 No.5 381 (Adaptive Cruise Control:車間維持機能付き自動制御) システム用ブレーキアクチュエーシ ョンを低コストで提供するこ とが可能となる(図3参照)。

トヨタ自動車の自動車事業に関する様々な資料を掲載しています。 フルアクティブサスペンションと アクティブ リヤ ステア統合システム 1991年5月、「ソアラ」に採用された、ソアラアクティブサスペンションは、油圧によって作動するアクチェーターを4輪に配置し、運転状況、路面および 【自動車開発におけるシミュレー ション】 それでは、自動車開発においてど んなシミュレーションが行われて いるか考えてみよう。自分が自動車 を設計するとして、どのような情報 が必要だろうか。人や荷物を乗せて 走って壊れないように

統合システム開発上の課題と求められる技術 安全性と情報セキュリティ IT/ETにより進化する自動車と課題 IT/ETにより進化する自動車 「つながるクルマ」で何ができるか? 車車間通信による衝突警報・回避

37 feature articles Vol.95 No.11 746–747 環境・安全・情報でグローバル社会に貢献するオートモティブシステム技術 電動車駆動用標準モータの開発 Development of Standard Motor for Green Vehicles 環境・安全・情報でグローバル社会に 1 自動車用モータのシーズ技術 正 員 渡辺 直樹(信越化学(株)) 正 員 藤綱 雅己((株)デンソー) 正 員 藤本 博志(東京大学) 正 員 道木 慎二(名古屋大学) Seeds Technologies for Vehicle Motor Naoki WATANABE, Member (Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.), Masami … 自動車用モーター・ サブシステム 日立産機 システム 産業用 モーターシステム 研究開発本部 従来方式(PWM*2制御)の課題・高周波スイッチングによる エネルギー損失 ・高速時に磁石の逆電圧増加による出力の低減 *2 昇降機プランニングサポート(会員サイト)をリニューアルし、プレミアム会員に対するお問い合わせ機能を強化しました。具体的には、お問い合わせに対する弊社担当者とのやり取りを当サイト上で直接行うことが可能となり、その履歴が残るようになりました。 高品質な鉄鋼生産を実現するモータードライブシステム…それが「HIVECTOL」シリーズです。 1933年、圧延機用4,000kWイルグナ方式制御盤リリースから80有余年、確かな技術と豊富な経験に裏付けられた日立の鉄鋼プラント用モータードライブシステムは、20ヶ国・地域を越えるお客様にご使用 日立化成テクニカルレポート No.58(2015・12月) また,省エネ対応として,自動車で発生するエネルギーを積極的にコントロールする技術も開発されてきている。一方,部品として使用される材料の有害物質規制が進んでおり,ELV(廃自動車理事会指令),RoHS(特定有害物質使用制

安全運転システムや車載情報機器の組み込みシステム開発をサポートします。また、機能安全有資格者による自動車用ソフトウェアデザインサービスを提供しています。

自動車用モーター・ サブシステム 日立産機 システム 産業用 モーターシステム 研究開発本部 従来方式(PWM*2制御)の課題・高周波スイッチングによる エネルギー損失 ・高速時に磁石の逆電圧増加による出力の低減 *2 昇降機プランニングサポート(会員サイト)をリニューアルし、プレミアム会員に対するお問い合わせ機能を強化しました。具体的には、お問い合わせに対する弊社担当者とのやり取りを当サイト上で直接行うことが可能となり、その履歴が残るようになりました。 高品質な鉄鋼生産を実現するモータードライブシステム…それが「HIVECTOL」シリーズです。 1933年、圧延機用4,000kWイルグナ方式制御盤リリースから80有余年、確かな技術と豊富な経験に裏付けられた日立の鉄鋼プラント用モータードライブシステムは、20ヶ国・地域を越えるお客様にご使用 日立化成テクニカルレポート No.58(2015・12月) また,省エネ対応として,自動車で発生するエネルギーを積極的にコントロールする技術も開発されてきている。一方,部品として使用される材料の有害物質規制が進んでおり,ELV(廃自動車理事会指令),RoHS(特定有害物質使用制 1 プローブ情報システムの例:ホンダインターナビ 1) 図 2 インフラでプローブ情報を収集する例: ETC2.0 によるプローブ情報収集のイメージ 2) JARI Research Journal 20161103 【解説】 * 1 一般財団法人日本自動車研究所 ITS研究部 2019/05/22

2016/05/27

【自動車開発におけるシミュレー ション】 それでは、自動車開発においてど んなシミュレーションが行われて いるか考えてみよう。自分が自動車 を設計するとして、どのような情報 が必要だろうか。人や荷物を乗せて 走って壊れないように 三菱重工技報 Vol.52 No.1 (2015) 77 |2. 電動コンプレッサの特徴 電動コンプレッサの開発にあたり,既存の車両システムへの適用性を考慮して,以下のコンセ プトで開発を行った。 ・使用する電源系は,従来のDC12V仕様とする。 自動車空調は自動車に不可欠な装備であり、快適性と省エネルギー化を実現する制御系設計が求められている。本稿では、制御系設計に直接用いることを目的とした動的な温熱環境モデルについての概要を紹介する。さらに、制御系設計に 東芝レビューVol.60 No.11(2005) 41 ハイブリッド自動車用 高出力・高効率の永久磁石リラクタンスモータ High-Power and High-Efficiency Permanent-Magnet Reluctance Motor for Hybrid Electric Vehicles 堺 和人 SAKAI Kazuto 37 feature articles Vol.95 No.11 746–747 環境・安全・情報でグローバル社会に貢献するオートモティブシステム技術 電動車駆動用標準モータの開発 Development of Standard Motor for Green Vehicles 環境・安全・情報でグローバル社会に 1 自動車用モータのシーズ技術 正 員 渡辺 直樹(信越化学(株)) 正 員 藤綱 雅己((株)デンソー) 正 員 藤本 博志(東京大学) 正 員 道木 慎二(名古屋大学) Seeds Technologies for Vehicle Motor Naoki WATANABE, Member (Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.), Masami …

昇降機プランニングサポート(会員サイト)をリニューアルし、プレミアム会員に対するお問い合わせ機能を強化しました。具体的には、お問い合わせに対する弊社担当者とのやり取りを当サイト上で直接行うことが可能となり、その履歴が残るようになりました。 高品質な鉄鋼生産を実現するモータードライブシステム…それが「HIVECTOL」シリーズです。 1933年、圧延機用4,000kWイルグナ方式制御盤リリースから80有余年、確かな技術と豊富な経験に裏付けられた日立の鉄鋼プラント用モータードライブシステムは、20ヶ国・地域を越えるお客様にご使用 日立化成テクニカルレポート No.58(2015・12月) また,省エネ対応として,自動車で発生するエネルギーを積極的にコントロールする技術も開発されてきている。一方,部品として使用される材料の有害物質規制が進んでおり,ELV(廃自動車理事会指令),RoHS(特定有害物質使用制 1 プローブ情報システムの例:ホンダインターナビ 1) 図 2 インフラでプローブ情報を収集する例: ETC2.0 によるプローブ情報収集のイメージ 2) JARI Research Journal 20161103 【解説】 * 1 一般財団法人日本自動車研究所 ITS研究部 2019/05/22

公開委員会のお知らせ テー マ: 「自動車システムのモデルベース開発入門」 ~書籍に記載のモデル解説と作成QA~ 日 時: 2017年7月21日(金)13:00~17:00 会 場: 同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 自動車 概要 最適化と軽量化 衝突・安全 騒音・振動(NVH) 車両運動力学 耐久性・疲労 空気力学とCFD 電磁場 ブログ 事例 動画 お問い合わせ 自動車 Altair HyperWorksは、CAEシミュレーション主導の自動車設計のための業界標準 OSS新一等書記官(自動車整備システム)では車両情報や顧客情報を最大限に活用し、自動車整備業における業務の効率化を支援いたします。また、お客様(エンドユーザー)へ的確かつタイムリーなサービスの提供をサポートいたします。 トヨタ自動車の自動車事業に関する様々な資料を掲載しています。 フルアクティブサスペンションと アクティブ リヤ ステア統合システム 1991年5月、「ソアラ」に採用された、ソアラアクティブサスペンションは、油圧によって作動するアクチェーターを4輪に配置し、運転状況、路面および 電気自動車用 高電圧回路設計 電気自動車では、走行動力用の高電圧回路を持つため、乗員および整備士・車両製造従事者の安全が求められます。 ・高電圧回路、バッテリーと乗員の位置関係 ・車両整備を行う際の安全性確保 自動車に搭載したセンサとカメラを用いて前方車両との衝突を検知した瞬間にブレーキを制御するシステムです。 各社のADAS機能を評価した結果は、独立行政法人 自動車事故対策機構の予防安全性能アセスメントのページにて結果が掲載されております。 統合システム開発上の課題と求められる技術 安全性と情報セキュリティ IT/ETにより進化する自動車と課題 IT/ETにより進化する自動車 「つながるクルマ」で何ができるか? 車車間通信による衝突警報・回避

16. 自動車の走行を制御する電子機器の安全性の考え方 -安全性の考え方並びに制御失陥時における運転者の主観評価- 自動車安全研究領域 ※伊藤 紳一郎 長谷川 智紀 1.まえがき 最近の自動車においては、ほとんどすべての

日立化成テクニカルレポート No.58(2015・12月) また,省エネ対応として,自動車で発生するエネルギーを積極的にコントロールする技術も開発されてきている。一方,部品として使用される材料の有害物質規制が進んでおり,ELV(廃自動車理事会指令),RoHS(特定有害物質使用制 1 プローブ情報システムの例:ホンダインターナビ 1) 図 2 インフラでプローブ情報を収集する例: ETC2.0 によるプローブ情報収集のイメージ 2) JARI Research Journal 20161103 【解説】 * 1 一般財団法人日本自動車研究所 ITS研究部 2019/05/22 自動車システムのモデルベース開発入門 ~サプライヤとOEMとの協調を加速する国際標準記述言語(VHDL-AMS)によるモデル構築技法~ 自動車システムは複雑化の傾向にあり,設計・開発におけるシミュレーション技術が必要不可欠になってき 2018/02/02 車両データ計測・制御システム解析サービスのご案内 マークラインズでは、車両データ計測・制御システム解析に精通したエンジニアリング会社と協力し、車両走行データを計測するサービスを開始致しました。 サービス概要 視界遮断法による視認操作許容量の評価法! TS16951! (2004) Priority! 複数情報を運転者に提供するための優先順位決定手法 IS!17287! (2003) Suitability! ITSシステムの運転中における適合性のアセスメント手法 番号 テーマ名(略称